舞鶴野球スポーツ少年団の生い立ち

甲府市内の3つの小学校(相生小・穴切小・春日小)が統廃合され、新しく平成16年10月に「舞鶴小学校」が創立されました(開校は平成17年4月)。
それに伴い、それぞれの小学校にあった少年野球チーム(相生花菱・穴切なつめ・春日チェリー)が合併して、「舞鶴野球スポーツ少年団」が誕生しました。


 

チームの特徴

・学年を問わず、みんなが仲良し
・礼儀正しい
・監督・コーチの指導が「超」熱い


 

活動日

・火曜日:木曜日

     17:00~19:00

・土曜日:日曜日:祝日

     9:00~12:00

     ※午後は自宅での自主練習の時間に充てています。

     ※試合のある日や大会期間中等は夕方まで活動をすることがあります。

 

活動場所

・舞鶴小グラウンド (サブグラウンド:穴切小グラウンド)


 

団費

・月額 4,000円 (2人目以降は2,000円)


 

指導方針

・礼儀を重んじ、何事にも積極的に取り組み、あきらめない姿勢を身に付けさせます
・自主性と協調性を育みます
・自分で考えて行動できる人間を育てます

 

運営

 地域の方々、OBの方々、指導者・保護者たちがみんなで協力をしあいながら「舞鶴野球スポーツ少年団」は、運営されています。

 お茶当番などを廃止するなど、日々の負担を軽減し効率の良い運営を心掛けています。

 

ページ最上部へ戻る